2014年3月9日日曜日

今後の為替は円安傾向という堀古氏の見立て



ひさしぶりの堀古氏のブログ更新です。

第316回 何もしない=マイナスの時代 | 堀古英司の「米国株式の魅力」 - 楽天ブログ

堀古氏によれば、アメリカ景気回復に伴うテーパリングは当然の方針。一方の日本は消費税増税のショック緩和のためにしばらくの間金融緩和は続くとのこと。

この結果、ドル高円安傾向になるというのが氏の見解。

極めて当然の結論なのですが、経験とデータを元に説得力のある内容となっております。

もともとドル高円安傾向だと私も感じていたのですが、この記事を読んで、アメリカ株検討しようかななどと考えてしまいました。

しかし、  ドル高円安だとはいっても1ドル110円を超えると政治的な問題になってくるのかなとは思いますが。


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


株式長期投資 ブログランキングへ



2 件のコメント:

  1. お疲れ様です。
    Twitterの方から記事を見ました。
    私は資産の半分がアメリカドルです。

    ドル円は今年は横横な雰囲気ですね
    持ち合いをどう離れるか、外的要因もあるので楽しみなところです。

    返信削除
    返信
    1. ドルは良いかどうかは分かりませんが、悪くはないようなきがしますね。掘古氏が言うように、理屈から言うと明らかにドル円は上昇です。
      あとは政治的にどうか・・・。この辺りは分かりませんね。

      米株ですか?よかったら銘柄教えていただけませんか?

      削除

人気の投稿