2017年8月16日水曜日

【決算分析】3910 エムケイシステム 30年3月期1Q



3910 エムケイシステム JQ

■事業概要
社会保険や労働保険に関する業務支援ソフトウエアをASPで展開。M&Aにより人事総務に関する事業も子会社化。


■決算全般
大幅増収、大幅減益での着地となりました。CuBe事業において第2四半期に納品予定の大型案件の費用が先行したため、大幅減益となったようです。

一時的な減益については次回以降の決算である程度カバーするのではないかと個人的には考えていますが、主力のASPサービスの伸びが鈍化していっていることが気になっています。SmartHR等の競合が台頭する中、どの程度の成長性があるのかが試される局面になっています。

社労夢事業が引き続き同社の業績をけん引できるのか、それともCuBe事業を含めてバランス良く成長していくことができるのか、注目していきたいと思います。


以下株探より引用

エムケイシステム【3910】、4-6月期(1Q)経常は36%減益で着地 | 株探ニュース





■4半期決算概要
CuBe事業の影響が大きすぎて前期との単純比較はできません。さらに今回は大型案件の影響で利益が小さくなりました。2Qでこれを取り返す利益が出るのか、それともCuBe事業は4Q編重なので、利益水準としては社労夢事業のみの場合より落ちてしまう傾向となるのか。なかなか評価が難しいです。







■株価動向
決算発表後、株価は下落。その後やや反発しています。

■指標
現在株価 1933円、PER 18.0倍、PBR 4.60倍、ROE 25.1%、DCF法適正株価 1713円



前回の記事はこちら

【決算分析】3910 エムケイシステム 29年3月期4Q - バフェット流バリュー株投資で資産形成+


ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村



2017年8月15日火曜日

【決算分析】6039 日本動物高度医療センター 30年3月期1Q



6039 日本動物高度医療センター 東M

■事業概要
犬猫専門の高度医療を施す病院を展開。現在川崎と名古屋の二院。今秋に東京分院開業予定。連携病院からの完全紹介制。


■決算全般
利益が驚異的に伸びているような印象を与えますが、昨年がよくなかっただけで、一昨年から見ると普通程度に良い決算です。売上の伸びが一桁後半なのが良いです。今秋に東京分院開業を控えているため、四半期ごとの利益は乱高下する可能性がありますが、中期的には事業として手堅い伸びを見せる可能性大です。


 以下株探より引用

日本動物高度医療センター【6039】、4-6月期(1Q)経常は2.6倍増益で着地 | 株探ニュース






■4半期単計分析
売上、利益ともに順調です。他の指標も特に言うことはありません。とはいえ低成長となっていますので東京分院のインパクトに期待したいです。










■株価動向
決算発表後上昇しましたが、その後下落しほぼ元通りとなりました。


■指標
現在株価 2151円、PER 19.4倍、PBR 4.00倍、ROE 21.2%、DCF法適正株価 1905円



前回の記事はこちら

【決算分析】6039 日本動物高度医療センター 29年3月期4Q - バフェット流バリュー株投資で資産形成+




ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると大変励みになります。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





2017年8月6日日曜日

投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2017/8/6)



毎月一度の「投資信託の状況確認」では、現在投資中または投資予定のある投資信託の状況を確認し、年金運用に役立てるためのコーナーです。


年金積立インデックスファンド日本債券:0231B01A:青
DC・ダイワ・ストックインデックス225:0431301C:赤
インベスコ MSCIコクサイ・インデックス:18312023:緑
年金積立インデックスF海外新興国株式:02311084:黒
Jリートアクティブファンド(1年決算):6431307A:黄



1か月チャート




まず最近一か月の動きです。上から順に新興国株式インデックス、Jリートアクティブ、日本債券インデックス、外国株式インデックス(インべスコMSCIコクサイ)、日経225インデックスでした。

新興国とJリートが良かったんですね。あとは横ばいでほぼ差がありません。

Jリートの利回りは平均で 3.85%(前回)→4.01%(今回)となりました。(J-REIT一覧 - JAPAN-REIT.COM)。4%いっていたんですね。知らない間に・・・。

Jリートの利回りと長期金利、そのスプレッドのグラフです(マーケット概況|J-REIT.jp | Jリート(不動産投資信託)の総合情報サイト | ARES J-REIT View)。長期金利は横這い、Jリートの利回りは上昇していますので、スプレッドは上昇していますす。過去10年で見るとスプレッドは少し大きい部類に入るくらいになってきたかもしれません。

一方、東証一部の配当利回りは横這いです。長期金利とのスプレッドも横這いですが、過去10年で見るとまだ大きい部類になります。過去のスプレッドのデータからは東証一部の株価はまだ割安だということです。



過去一年の金利です。日本の金利はここ一年近く0~0.10%の間で安定しています。日銀はしばらくは0金利近辺になるように、質・量を調整し、誘導すると言っていますので、方針に変更がない限り10年金利はこのレンジで推移することになるのだと思います。





1年チャート




上から新興国株式インデックス、外国株式インデックス(インべスコMSCIコクサイ)、日経225インデックス、日本債券イン デックス、Jリートアクティブとなっています。

1年で見た場合、株式系はまだまだ好調です。Jリートは少し盛り返しました。

日経平均前期実績のPERは16.90倍(前回)→14.90倍(今回)、今期予想が15.34倍(前回)→14.27倍(今回)でした。5月からかなり低下しています。(国内株式指標 :株式 :マーケット :日本経済新聞)。3月決算銘柄のEPSが更新されたからだと思いますが、特に割高感はありません。世界経済的に景気を減速させる要因もこのところ聞かれません。

 各市場の過去のPERの水準を確認するにはこちらのサイトが便利です。
銀行.info  - 世界主要株式市場の株価収益率(PER)



2年&5年チャート






前回の記事はこちら
投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2017/5/7) - バフェット流バリュー株投資で資産形成+





にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





【決算分析】3137 ファンデリー 30年3月期1Q



3137 ファンデリー  東M

■事業概要
生活習慣病患者や予備軍向け等に健康食宅配サービスを手掛ける。提携医療機関にカタログ配布。カタログ広告料が収益源に成長。

■決算全般
利益の伸びは問題なし。気になるのは売上の伸びが3.5%増と小さい点です。しかし、会員数、定期コース会員は着実に伸びているので、それほど心配する必要はないかもしれません。今後の経過を見守りたいと思います。今期は紹介ネットワークの拡大にも力を入れるようなので、こちらにも期待したいと思います。


以下株探より引用
ファンデリー【3137】、4-6月期(1Q)経常は19%増益で着地 | 株探ニュース





■4半期決算概要
今四半期は売上・利益共に増加しましたが、まだ若い企業なので、特に利益は四半期ベースではでっこみ引っ込みがあります。今後も四半期の数字だけをシビアに追うのではなく、定性的な観点が必要な場面もあるかもしれません。







■株価動向
決算発表後、株価は下落しています。期待ほど完璧な決算ではなかったということですね。

■指標
現在株価 1482円、PER 21.7倍、PBR 4.84倍、ROE 23.7%、DCF法適正株価 1200円






にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





2017年8月5日土曜日

【決算分析】8920 東祥 30年3月期1Q



8920 東祥  東1

■事業概要
愛知地盤にスポーツクラブを運営。ABホテル好調で高成長。ローコスト経営に特色。

■決算全般
1Qは増収減益となりました。前回「費用が先行し、一時業績が弱含むことが可能性として考えられる」と書きましたが、まさにそのような決算になりました。今年度の出店計画はスポーツクラブ10店舗(前期5店舗)、ホテルが5棟(前期3棟)となっています。1Q時点でスポーツクラブ2店舗(前期1店舗)、ホテル3棟(前期1棟)となっており、それぞれ73店舗、17棟となりました。費用先行で減益は想定通りであり問題ないと考えています。ほんの少しの減益で済んでいますし。


以下株探より引用
東祥【8920】、4-6月期(1Q)経常は2%減益で着地 | 株探ニュース




■4半期決算概要
各指標は悪化していますが、上記の要因であり、一時的なものだと考えています。出店ペースが落ち着いた段階でしっかりと指標が戻るかどうかを今後チェックしていきたいと思います。







■株価動向
決算後、株価は一旦は下落しましたが、現在はほぼ元に戻しています。

■指標
現在株価 5230円、PER 25.0倍、PBR 4.39倍、ROE 17.9%、DCF法適正株価 3652円



前回の記事はこちら

【決算分析】8920 東祥 29年3月期4Q - バフェット流バリュー株投資で資産形成+




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村




 



2017年8月2日水曜日

【決算分析】3085 アークランドサービスHD 29年12月期2Q



3085 アークランドサービスHD 東1


■事業概要
カツ丼専門店「かつや」を展開する外食チェーン。唐揚げ専門店「からやま」を育成中。

■決算概要
二桁の増収増益、利益は約20%増と上ぶれ着地してきました。言うことありません。競合のかつ丼チェーンの台頭の影響は今のところ軽微なようです。出店についてはかつや13店舗増、からやまを含むその他3店舗増となっています。


以下株探より引用

アークランドサービスホールディングス【3085】、上期経常が20%増益で着地・4-6月期も13%増益 | 株探ニュース





 ■4半期単計分析
今1Qほどではないですが、2Qも順調です。それにしても長い間安定して成長しています。このような業績だと安心してホールドできますね。今後はからやまが本当に第2の柱になれるのか、注目です。









■株価動向
決算発表後、株価は緩やかに上昇しています。

■指標
現在株価 1950円、PER 28.2倍、PBR 4.09倍、ROE 15.5%、DCF法適正株価 1517円






前回の記事はこちら

【決算分析】3085 アークランドサービスHD 29年12月期1Q - バフェット流バリュー株投資で資産形成+




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村





人気の投稿